modelcourse

course

瀬戸内国際芸術祭は、3年に1度、瀬戸内海の12の島と2つの港を舞台に開催される現代アートの祭典です。

瀬戸内国際芸術祭2019 会期

ふれあう春
2019年4月26日[金曜日]—5月26日[日曜日]31日間

あつまる夏
2019年7月19日[金曜日]—8月25日[日曜日]38日間

ひろがる秋
2019年9月28日[土曜日]—11月4日[月曜日]38日間

DAY

1日目

小豆島国際ホテルの東本館最上階8階の通路に大岩オスカール氏が描いた「島道」。ホテル宿泊者のみ見ることができます。

  • 小豆島国際ホテル 東本館8階

土庄港を降りてすぐに目に入る、金色に輝くアート作品「太陽の贈り物」。オリーブの葉を王冠の形に仕立てた彫刻は、島の子供たちのメッセージも刻まれています。

ART SETOUCHI 瀬戸内国際芸術祭 公式サイト

  • 港のアート作品めぐり① 太陽の贈り物

土庄港フェリーターミナルが、作品展示やイベントなどを通じて交流の場を目指す空間へと生まれ変わりました。太鼓の音に反応してガラス玉や布がはためく作品や、ファッション作品などを展示しています。

ART SETOUCHI 瀬戸内国際芸術祭 公式サイト

  • アートノショーターミナル

輝く球体の上に、龍が鎮座し、夜間にはミラーチップが光る。設置以降坂手港のシンボルとなっている巨大な立体作品。

ART SETOUCHI 瀬戸内国際芸術祭 公式サイト

  • 港のアート作品めぐり②坂手港

リーゼントヘアのオリーブに似た顔型の立体作品をオリーブ畑の中に設置。実は無人販売の屋台でもあり、くぼみに野菜や果物が置ける仕組み。

ART SETOUCHI 瀬戸内国際芸術祭 公式サイト

  • オリーブリーゼント

小豆島ふるさと村「夢想館」の2階に展示されている作品「花寿波島の秘密(はなすわじまのひみつ)」。 十六角形の逆円錐型に三都半島の沖に浮かぶ無人島をモチーフにした絵 画が描かれ、上下から作品全体を見渡せます。 立体的な絵は、作者が実際に海に潜って見た景色をもとに描かれているそうです。
 

ART SETOUCHI 瀬戸内国際芸術祭 公式サイト

  • 花寿波島の秘密

MENU

宿泊プランご予約

アクセス

FAQ

エンジェル
ロード

閉じる